日焼け止めのSPFとPAってなに?


日焼け止めを買うとき、「SPF」や「PA」って何のことだろう?と思いつつ、「とりあえず数値が高いものでいいか」と選んだりしていませんか?

数値だけを見ていると、思わぬ落とし穴が。
「SPF」と「PA」について正しく理解し、自分に合った日焼け止めを使いましょう。

紫外線について


まず紫外線について知っておきましょう。

地表に届く紫外線には、UV-AUV-Bがあります。

UV-Aは、波長が長く真皮まで届きます。
そして真皮まで届くと、肌の弾力を保つコラーゲンなどを破壊し、シワやたるみの原因に。

ガラスも透過するため、屋内や電車内、自動車内にいても油断できません。
また、UV-Aは活性酸素を発生させ、その活性酸素によって肌がダメージを受けます。


UV-Bは、UV-Aより波長が短く、主に表皮にダメージを与え、直接的に細胞の遺伝子に傷をつける作用があります。
そしてエネルギーが強く、サンバーン(肌を赤くヒリヒリさせる状態)を起こします。

肌老化の原因の約80%が紫外線によるものだと考えられているので、きれいな素肌を保つためにも紫外線対策は重要になってきます。


日焼け止めのSPFとは?

日焼け止め


SPFとは、UV-Bの防御効果を表す値です。

サンバーン(肌を赤くヒリヒリさせる状態)を起こすまでの時間を、何倍にのばせるかの目安を表しています。

サンバーンを起こすまでの時間が25分の人が、SPF24の日焼け止めを塗った場合

25分 × SPF24 = 600分(10時間)

これは、日焼け止めを塗らなかった場合と比べて約24倍の時間、サンバーンを防ぐという目安になります。

サンバーンを起こすまでの時間には個人差がありますが、色白の人で約20分、普通肌の人で約25分と言われています。

日焼け止めのPAとは?


PAとは、UV-Aの防御効果を表す値です。
UV-Aは、UV-Bのように効果を数字ではなく「+」で表します。

PA+やや効果がある
PA++ 効果がある
PA+++非常に効果がある
PA++++極めて高い効果


最適な日焼け止めの目安


では、生活シーンでどの程度の日焼け止めが適しているのかというと

一般的な目安としては、

買い物や散歩程度SPF15程度
屋外での軽いスポーツやレジャーSPF15~30程度
海・山でのレジャー、炎天下での活動SPF30以上
海外リゾートなど特に紫外線が強い場所SPF50程度かそれ以上


高いSPF値を必要とする場面では、PA値も高い方がいいです。
※日本ではSPF51以上のものは、「SPF50+」と表示されています。


また日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が使用されています。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する時に化学反応を起こし、熱などのエネルギーとして放出することで紫外線を防ぎます。
ただ、一部の人は刺激を感じアレルギーを起こす場合があります。

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させることで肌を守ります。
酸化チタンや酸化亜鉛、酸化鉄などが使われ、紫外線吸収剤に比べ刺激が少ないため、肌が弱い人にも使えます。
ただ、金属や微粒子の粉末が使われるので、乾燥を感じたり白浮きすることも。

日焼け止めについてのまとめ


最後に日焼け止めについてまとめたいと思います。

  • 紫外線には、UV-AとUV-Bがある
  • UV-Aは、真皮まで届きコラーゲンを破壊する
  • UV-Bは、エネルギーが強く肌をヒリヒリさせる
  • SPFは、UV-Bの防御効果を表し、ヒリヒリさせる時間を何倍にのばせるかを表す
  • PAは、UV-Aの防御効果を表す


何となく選んでいた日焼け止めでも、日常使いにはSPFがそこまで必要なかったり、逆に肌を老化させるUV-Aを防いでくれるPAはもう少しほしかったり…
と、自分なりに最適な日焼け止めの選び方が見えてきたかなと思います。

ちなみに私は、PAは「+++」以上のものを使うようにしています。
屋内にいてもUV-Aが届くとなると、かなり長時間UV-Aにさらされてるのかなと思うので「+」だと心もとないですよね。

年齢を重ねることによってコラーゲンが減少していくのは仕方ないとしても、UV-A対策をしなかったからコラーゲン破壊されましたというのは悲しすぎます。

日々できることはきちんとやって、きれいに年齢を重ねていきたいですね。



自己紹介
userimg
すず
通販化粧品が好きで、いろいろ試して自分のベストスキンケアを研究しています。

30代を迎えてから肌のザラつき、くすみ、肌荒れまでするように。
今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、肌の変化を実感。

「このままではいけない!」と試行錯誤の末ようやく安定しました。

「10年先も鏡を見て落ち込むのではなく、ちょっといいかも☆と思える自分でいたい!そして、そんな人を増やしたい」

そう思い今まで学んだことや実体験を活かして、肌のお手入れをしてこなかった、30代以降のスキンケア初心者の女性にむけて、肌の基本やおすすめの化粧品を発信していたいと思っています。

読んでくださる人が、今より少しでも自分の肌を好きになれるお手伝いができたら嬉しいです。
おすすめの記事