いちご鼻の角栓の取り方 ~日々のスキンケアでやさしく取り除く~
鼻の角栓って、意外と目立つ。
毎日ちゃんとクレンジングも洗顔もしてるのに、なかなか取れない。

ファンデーションで隠そうとすると、厚塗りになって、全然ナチュラルじゃない。

角栓でいっぱいのいちご鼻が気になって、面と向かって人と接するのも億劫になる。
鼻の角栓って、気になりますよね。
頑張ってケアしても、なかなか取れない。
今日は、そんな悩ましい角栓の取り方を紹介したいと思います。

角栓とは? ~鼻の角栓はナゼできる?角栓ができるまで~

まず、そもそも角栓とは何なのか。
私たちの肌には毛穴がありますよね?その毛穴には皮脂腺というものがあり、皮脂腺から皮脂が分泌され、肌表面に皮脂膜がつくられます。

角栓とは、この皮脂や毛穴周囲の角質が混ざり合ってできたものです。
毛穴から分泌された皮脂が、ただ詰まっているだけではないのです。


過剰な皮脂が酸化すると、肌への刺激になり、ターンオーバーが早まります。
そうすると、不完全な角質細胞が肌表面に上がってくるので、うまく剥がれ落ちず肌に留まりやすくなるんですね。そして、皮脂と混ざり合って角栓になっていく。

これが繰り返されることで、角栓が成長し、物理的に毛穴が押し広げられ、さらに目立ってしまいます。

過剰な皮脂は、油取り紙でとるなど皮脂対策も忘れずにしましょう。

肌断面イメージ図
ターンオーバーについてはこちらの記事を読んでね

間違ったケアは毛穴環境を悪化させ、さらに角栓が増える!

NGと記載された画像

角栓が目立ってくると、どうしても取りたくて、いろいろ試してみたくなりますよね。

でも、ちょっと待ってください!
それ、間違ったケアじゃないですか?間違ったケアを続けると、肌への刺激になって、かえって角栓を増やすことに。

憎き角栓をゴシゴシ擦ったり、退治したい気持ち、よーくわかります。
今思えば、私も若かりし頃、ずいぶんワイルドなケアをしていました。

今でこそ、「肌に刺激を与えてはいけません」とか言っていますが、かつて私がやっていたダメダメ間違いケアはというと、

  • クレンジングオイルで何分もマッサージ
    ⇒肌を擦りすぎで刺激&洗浄成分を長時間肌につけ刺激倍増
  • 毛抜きで角栓を抜いてみる
    ⇒周りの肌をキズつけるおそれあり
  • 洗顔クロスで擦り取る
    ⇒取りたい思いが強くて肌を強く擦ってる
  • シートタイプの毛穴パック
    ⇒角栓以外の正常な肌も一緒に剥がれてる
  • ペーストタイプの塗る毛穴パック
    ⇒シートタイプよりは穏やかだけど、角栓以外の正常な肌も剥がれるのは一緒
  • 某家電メーカーの角栓吸引器
    肌はすごく吸引されたけど、角栓はまったく取れなかった

とまあ、今思い返すと笑えるくらいワイルドなことしてました。

毛穴パックは、目に見えて角栓が取れるから、ついつい頻繁にやりたくなるんですが、結局、またすぐ角栓ができるし、刺激が強いから頻繁にはできない。

そして、角栓が取れたあとの毛穴は、パックリ開いたまま。氷水でパッティングとか収れん化粧水をつけても、一時的なもので毛穴は閉じません。


クレンジングオイルで何分もマッサージは、ポロっと角栓が取れることもあって、一番やっていたと思います。
でも、肌を擦るって刺激になるから、肌が硬くなったり、色素沈着をおこしたりする可能性が。

これら私が今までやってきた角栓ケア方法は、全部ダメな見本です。
もしやっていたら、これからはやらない方がいいですよ!

目立ついちご鼻の角栓は、日々のスキンケアでやさしく取り除く

石鹸と泡

私がやってきた間違ったケアの数々。
でも、この経験があったから、この考えにたどり着きました。

それは、もうタイトル通り「日々のスキンケアでやさしく取り除く」です。

スペシャルケアに頼るより、「日々溜めない、徐々に取っていく」のが肌への負担にもならないし一番かなと。

毛穴パックでごっそり角栓取っても、一時的にスッキリするだけで、繰り返せば肌の状態は悪くなる可能性が高いですからね。

劇的に一気に角栓を取り除きたい思いはありつつも、コツコツが一番の近道だと思うのです。

どうしたら鼻の角栓を取れる?

ひらめき

じゃあ、どうやって角栓を取っていくの?という部分ですが、まず、角栓は「皮脂と角質が混ざったもの」とお伝えしましたよね。

「皮脂=油汚れ」は、クレンジングや石鹸で落とせますが、「角質=タンパク質」は、クレンジングや石鹸ではなかなか落とせません。

ということで、「角栓=タンパク質」は、酵素洗顔で対応していきましょう。
酵素洗顔は、タンパク質を分解して剥がれやすくする作用が期待できます。


さきほど、私が行ってきた間違ったケアを紹介しましたが、その中でも気づいたことがあったんです。

ペーストタイプの毛穴パックをしていた時のことです。
洗顔後そのままパックを塗るより、オイルでマッサージしてからの方が、角栓がよく取れたんです。

具体的には、
洗顔

オイルマッサージ(クレンジングオイルではない)

オイルをティッシュオフ

さらに、蒸しタオルで油分をふき取る

毛穴パックを塗る

この手順で毛穴パックをした方が、すごく角栓がよく取れたんですね。(ちなみに、オイルをクレンジングオイルで試した時は、そこまですごく角栓が取れた実感はなかったです)

今、この方法で毛穴パックを推奨しているわけではないんですが、これで思ったんです。

オイルは、角栓をゆるめて取れやすくするんじゃないか?と。
そこから、今現在の角栓除去方法にたどり着きました。

鼻の角栓をやさしく取り除くスキンケア方法

では、私がたどり着いた、角栓の取り方をご紹介したいと思います。

顔に蒸しタオルをあてる女性
鼻をコットンでふき取る女性
鼻にオイルを塗る女性
鼻をオイルマッサージする女性
蒸しタオルを顔にあてる女性
洗顔する女性

以上が、私がたどり着いた、なるべく肌に普段をかけず、鼻の角栓を日々やさしく取り除く方法です。

これ1回で劇的に角栓がなくなるということはなく、角栓をゆるめて、少しずつ取っていく方法になります。

オイルで毛穴の角栓をゆるめるイメージ図

この方法を見て、「何ですぐオイルマッサージしないの?」と思いましたよね。

オイルを塗ってすぐにマッサージしないのは、角栓にオイルがなじむまで待って、マッサージによる肌への摩擦時間を、できるだけ短くするためです。

また、角栓をゆるめるオイルは、特にコレ!というのはないですが、私はマカデミアナッツオイルやオリーブオイルを使うことが多いです。

このやり方が、全員に合うとは限りませんが、試していただいて角栓の悩みの解決法のひとつになれば嬉しいです。


以下にもう一度、角栓を取る方法をまとめました。

鼻の角栓を取る方法
  1. 蒸しタオルで、角栓の気になる部分を温め、毛穴を開かせる

  2. ふき取りクレンジングなどで、角栓部分のメイクを落としておく

  3. オイルを角栓の気になる部分に塗る

  4. そのまま、5分ほど放置

  5. オイルを塗ったところを、やさしくマッサージ

  6. オイルをティッシュオフ ※擦らず上から押さえるように

  7. 蒸しタオルで、温める

  8. オイルクレンジング

  9. 酵素洗顔

鼻の角栓予防のためのオススメ化粧品

角栓は、過剰な皮脂によりターンオーバーが乱れてできる事が多いです。

きちんと洗顔しても、ベタつく部分は油分少なめの化粧品で保湿しても、「やっぱりどうしてもベタつく!テカっちゃう!」という方は、次に紹介する美容液をお試しいただくといいかもしれません。

ライース クリアセラムNo.6  ~ライスパワーNo.6のチカラ~

ライースクリアセラム商品画像

ライース クリアセラムNo.6
こちらの美容液は、「ライスパワーNo.6」という成分が配合されています。

この「ライスパワーNo.6」という成分、医薬部外品の新規効能「皮脂分泌の抑制」効果を認可された唯一の有効成分なんです。

今までの皮脂ケアは、表面的な皮脂を取り去るものが中心で原因はそのままでした。
その点、この「ライスパワーNo.6」は、皮脂腺そのものに直接働きかけて過剰な皮脂を抑制するので根本ケアができるんです。

皮脂を抑制すると言っても、過剰な皮脂分泌のみを抑制し、肌の水分量には影響を与えないので乾燥の心配はないそうです。

過剰な皮脂が気になる、テカってしまうという方は、この根本ケアを試してみる価値はあると思います。

今なら、トライアルが 税抜1,000円でお試しいただけます。

【ライース クリアセラムNo.6 トライアル】

最後に、いちご鼻の角栓ケアについてのまとめ

いちご鼻の角栓を取る方法、いかがでしたか?
最後にポイントを、もう一度おさらいしておきましょう。


角栓ケアのポイントおさらい
  • 角栓は、皮脂と角質が混ざったもの

  • 過剰な皮脂は、角栓をできやすくする。皮脂対策も忘れずに!

  • 肌を擦ったり、肌に刺激を与える角栓ケアは、悪化させる原因

  • 肌に負担のかからない方法で、日々おだやかに角栓を取っていこう

過剰な皮脂が原因のひとつなので、皮脂を抑える働きをすると言われている、ビタミンCが配合された化粧品を使うのもいいと思います。

また、角栓が気になるのは皮脂が多くテカりやすい部分だと思います。スキンケアでは油分を少なめに。

ただし、テカるからと言って保湿しないと、かえって皮脂の分泌が増えてしまいます。
オイルフリーのものを使って、保湿はしっかりしておきましょう。

メイクでも、皮脂抑制効果のあるパウダーを使い、過剰な皮脂が出ないよう対策をしておくといいですね。

日々のスキンケアで、角栓の目立たない美肌を目指しましょう。





自己紹介
userimg
すず
通販化粧品が好きで、いろいろ試して自分のベストスキンケアを研究しています。

30代を迎えてから肌のザラつき、くすみ、肌荒れまでするように。
今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、肌の変化を実感。

「このままではいけない!」と試行錯誤の末ようやく安定しました。

「10年先も鏡を見て落ち込むのではなく、ちょっといいかも☆と思える自分でいたい!そして、そんな人を増やしたい」

そう思い今まで学んだことや実体験を活かして、肌のお手入れをしてこなかった、30代以降のスキンケア初心者の女性にむけて、肌の基本やおすすめの化粧品を発信していたいと思っています。

読んでくださる人が、今より少しでも自分の肌を好きになれるお手伝いができたら嬉しいです。
おすすめの記事