乾燥肌にはオイル美容がオススメ!化粧水が浸透するふっくら肌へ
数年前からオイル美容が流行っているけど、オイル美容って何がいいの?
顔にオイルなんて塗って大丈夫?
オイル美容は、肌をやわらげてふっくらさせてくれます。

ただ、やり方を間違えると肌荒れの原因にもなるので、適量を正しく使い、うるおいのある肌を目指しましょう

オイル美容をおすすめできない人


どんなスキンケアにも言える事ですが、オイル美容にも合わない人・やり方を注意した方がいい人がいます。

では、どんな肌タイプの人にオイル美容がおすすめできないのかと言うと、

オイリー肌の人

オイリー肌の人は、もともと皮脂の分泌量が多く、毛穴の目立ちが気になる人が多いです。

過剰な皮脂は、毛穴の開きや肌荒れの原因になるので、スキンケアで油分を追加することは避け、オイルフリーの化粧品で保湿するのが望ましいです。

皮脂の影響による毛穴の開きや角栓については、あわせて下の記事もどうそ。

ニキビ肌の人

ニキビ肌の人にもオイル美容はおすすめできません。

なぜなら、ニキビの原因は過剰な皮脂だからです。
思春期ニキビも大人ニキビも、毛穴が塞がれ出口を失った皮脂がアクネ菌のエサとなり、アクネ菌が増殖してできます。

アクネ菌のエサは皮脂なので、ニキビ肌にオイルを塗ると火に油。よけい悪化する可能性があります。

大人ニキビの原因は、肌が乾燥しターンオーバーが乱れ、毛穴が塞がれて皮脂が出口を失いできる事が多いです。
そもそもの原因は乾燥でも、ニキビができているうちはオイル美容は避けましょう。
乾燥が原因の大人ニキビの人は、ニキビが完全に治ってから取り入れてみてください。

オイル美容にはどういう効果がある?


オイル美容には当然オイルを使いますが、肌にはもともと皮脂という油分が存在するため、オイルが馴染みやすいのです。

そして、角層に浸透して肌をやわらげる効果に優れているので、肌の乾燥やゴワつきの改善が期待できます。

また、オイルマッサージを取り入れれば血行が良くなり、顔色の悪さやくすみ対策にもなります。

注意!

オイルだけで乾燥が防げるわけではないので、化粧水などで保湿成分をしっかりと与える必要があります

どんなオイルを使えばいい?おすすめのオイル


では、どんなオイルが適しているかと言うと、酸化しにくいオイルです。

日中、紫外線などの影響でオイルが酸化すると、肌荒れやシミの原因になります。
酸化しやすいオイルは、保存期間も短く冷蔵庫で保管するなど扱いにくい部分がありますので、お使いいただく場合には注意が必要です。

酸化しやすいオイルとは

リノール酸やリノレン酸が多く含まれているオイル
例えば、美白効果や肌再生が望めると一時期話題になったローズヒップオイルは、リノール酸やリノレン酸が約78%も含まれています。そのため、非常に酸化しやすいです。


私が今まで使ってきたおすすめのオイルは、

マカダミアナッツオイル(マカデミアナッツオイル)

酸化しにくく、とっても肌なじみのいいオイルです。
そして、年齢とともに減少するパルミトレイン酸を多く含んでいます。

そのため、エイジングケアに適したオイルなんです。30代からはぜひ取り入れたいおすすめのオイルです。

プルーンシードオイル

酸化しにくく、肌なじみのいいオイルです。
抗酸化作用のあるビタミンEが含まれるので、活性酸素を防いでくれます。
また、フルーティーな甘い匂いがするところも、スキンケアしていてとても癒されます。

アルガンオイル

酸化しにくく、肌なじみのいいオイルです。
抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれるので、活性酸素を防いでくれます。
ビタミンEの含有量は、オリーブオイルの2~3倍にのぼると言われています。

スイートアーモンドオイル

酸化しにくく、肌なじみのいいオイルです。
抗酸化作用のあるビタミンEが含まれるので、活性酸素を防いでくれます。
低刺激なので、赤ちゃんや敏感肌の人におすすめです。


他にもいいオイルはありますが、オイルの粘度や酸化安定性、使い心地など総合的に判断して、このオイルをおすすめさせていただきました。

もしかして使ってる?!食用オイルを肌に使ってはいけないワケ


最近は食用オイルでも、いろいろなオイルを見かけるようになりましたよね。
よく見かけるオリーブオイルも、食用のエクストラバージンオイルでいいんじゃない?と思いますよね。

ですが、「人が口にするものだから肌にも大丈夫だろう」という考えは、スキンケアにおいて危険です!

オイルにもグレードがあるんです。
どんなグレードかと言うと、

食品グレードは、風味や栄養素などを残しているため、不純物が多いんです。
肌につけるには適さないので、肌には化粧品用として販売されているものを使ってくださいね。

おすすめのオイル美容法


オイル美容のやり方ですが、私は洗顔後最初にオイルをつける事をおすすめします。
なぜなら、オイルは肌に残りすぎると過剰な皮脂と同じで、肌荒れやニキビの原因になりかねないから。

なので、最初につけて余分なオイルはティッシュオフします。

油分を先につけると化粧水が浸透しないのでは?と思うかもしれませんが、そんな事はありませんのでご安心を。

オイル美容の方法
  1. クレンジング & 洗顔
  2. オイルをつけるor オイルマッサージ
  3. 余分なオイルをティッシュオフ
  4. 化粧水
  5. 美容液
  6. 乳液やクリーム


ニキビを防ぐため、混合肌の人は油っぽい部分は避け、乾燥部分にのみオイルをつける事をおすすめします。

オイルをつけた後に蒸しタオルで温めると、浸透力もアップし血行も良くなります。

最後に


オイル美容は、オイルが肌に残りすぎると肌荒れの原因になったりしますが、基本的には肌をやわらかくして化粧水の浸透をよくしてくれるので、日々のスキンケアにうまく取り入れていただければ、乾燥ジワも防げます。

私はかれこれ10年以上オイル美容を取り入れていますが、そのおかげか目元に小ジワがありません。
アイクリームもつけていませんが、乾燥も感じません。

日によって、目元だけオイルをつけたり、頬までオイルマッサージをしたりと自分の肌の調子を見ながら、オイルをつける量や範囲を調整しています。

これからオイル美容を取り入れるあなたも、自分の肌の声をよく聴いて必要なケアを取り入れていってください。

自己紹介
userimg
すず
通販化粧品が好きで、いろいろ試して自分のベストスキンケアを研究しています。

30代を迎えてから肌のザラつき、くすみ、肌荒れまでするように。
今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、肌の変化を実感。

「このままではいけない!」と試行錯誤の末ようやく安定しました。

「10年先も鏡を見て落ち込むのではなく、ちょっといいかも☆と思える自分でいたい!そして、そんな人を増やしたい」

そう思い今まで学んだことや実体験を活かして、肌のお手入れをしてこなかった、30代以降のスキンケア初心者の女性にむけて、肌の基本やおすすめの化粧品を発信していたいと思っています。

読んでくださる人が、今より少しでも自分の肌を好きになれるお手伝いができたら嬉しいです。
おすすめの記事