勉強する姿

なめらかでみずみずしい綺麗な肌って、女性にとってはいつだって憧れですよね。

肌がきれいだと、それだけで嬉しいし気分も上がります。
(ちなみに、私は透明感のあるみずみずしい肌が理想です)

でも、年齢を重ねるにつれ、20代の頃は何もしなくても肌の調子は平気だったのに、30代になってから気になり始めた肌不調の数々…

「最近、肌の調子がよくない」

「化粧のノリが悪い」

「なんか肌がザラつく」

「季節の変わり目に肌荒れするようになった」

それ、今までのスキンケアや年齢のせいにして諦めていませんか?

「でも、今までちゃんとケアしてこなかったし…」

「今さら始めたって…」

「どうせもう何してもムダでしょ…」

そんな事はないんです。 私もかつては 「20代の頃とは違うんだ、仕方ない」 と思っていました。

でも、肌の事を知って、自分にとって必要なもの・不必要なものがわかり、スキンケア方法や化粧品を変えたら肌の調子がよくなりました。

だから、あなたも自分なりのスキンケア方法や化粧品を見つけられたら、今よりもっと自分の肌を好きになれると思うんです。

肌がきれいになれば、自分に自信がついて積極的になれるかも。

このまま何もしなければ、理想からは遠ざかるばかり。

それなら、まずは肌の基本を知って、これからのスキンケアに活かしてみませんか?

基本を知ることが、美肌への第一歩!
基本を知って一緒に美肌を目指しましょう!

肌の基本構造

私たちの肌(皮膚)は1枚の膜のように見えますが、下の図のように、実は上から表皮、真皮、皮下組織と3層構造になっています。

その中でもスキンケアのメインとなってくるのが、表皮と真皮です。

まずは、この表皮と真皮を知るところから始めていきましょう。

表皮とは ~乾燥や肌荒れのカギは表皮にあり!?~

表皮は肌の最外層にあり、0.1~0.2mmほどの厚さしかありません。

表皮の主な働きは、

  • 体内の水分が蒸発するのを防ぎ、肌のうるおいを守ること
  • 紫外線から表皮細胞を守るためメラニン色素をつくること
  • 外界からの異物の侵入を防ぎ、体内に侵入された場合は、それを免疫細胞に伝えること
肌断面イメージ図

表皮の構成は上から、角層(角質層)、顆粒層、有棘層、基底層と4層になっています。

表皮最外層の角層は、角質細胞がレンガ状に20層ほど積み重なり、水分を20~30%ほど含んでいます。

そして、角質細胞の間を、主にセラミドなどからなる細胞間脂質がピッタリと埋めています。

この角層は、わずか0.02mmほどの薄さですが、セラミドなどの細胞間脂質が、角質細胞同士の隙間を満たして埋めることで、 水分の蒸発を防いだり、異物の侵入を防いだりといったバリアの役割を果たしているのです。

これを、バリア機能と言います。

このバリア機能が乱れると、うるおいが保てず肌が乾燥したり、外界からの刺激を受けやすくなって、肌荒れをおこす原因にもなります。

肌断面イメージ図

この0.02mmの角層、どれほどの薄さかというと、なんとラップと同じくらいなんです。

ラップってかなり薄いですよね。

その薄い角層が、肌のうるおいを守ったり、異物の侵入から肌を守る重要な役割を果たしているのです。

そのため、角層のうるおいを保つことが、美肌になるためには大事なんです。


ラップという例えでもわかる通り、薄い膜なのでゴシゴシ擦ったり叩いたりしてはいけません。刺激になってしまいます。

それに、擦りすぎは色素沈着をおこしますから、くれぐれもご注意ください。

次に、角層以下の顆粒層、有棘層、基底層ですが、ここでは主に肌をつくる細胞が生まれたり、紫外線から肌を守るメラニン色素をつくり出すメラノサイトや、外的刺激から肌を守る免疫系の細胞が含まれています。

ちょっと豆知識 ~ セラミドは保湿効果抜群!? ~

セラミドの保湿効果が抜群なのは、セラミドは水分をサンドイッチのように挟み込んで、しっかりキープできる性質があるからです。

セラミドに挟み込まれた水分は、湿度が0%になっても蒸発せず、気温がマイナス20℃まで下がっても凍らないと言われています。


セラミドについてはこの記事も↓

 

肌の生まれ変わり、ターンオーバーとは

肌断面イメージ図

ターンオーバーとは、表皮の一番下にある基底層から肌をつくる細胞が生まれ、それが有棘層⇒顆粒層へと形を変えながら次々と押し上げられていき、やがて角層で角質細胞や細胞間脂質となって、最後に垢として剥がれ落ちる一連の流れのことを言います。

このターンオーバーは、約28日周期で行われます。

ところが、加齢にともないターンオーバーは遅くなっていき、40代になると約40日かかると言われています。

また、日焼けをして紫外線をあびると細胞が傷つき、その傷ついた細胞を取り除こうとターンオーバーが早まります。

海に行ってうっかり日焼けしたあと、ぽろぽろ皮が剥ける経験を、1度くらいしたことがあるのではないでしょうか?

日焼けをすると皮がむけるのはこのためなんですね。

ただ、本来の周期より早くターンオーバーが行われるため、未熟な細胞が角層へ押し上げられます。そうなると、十分にバリア機能が働かず肌が敏感になってしまうのです。

そのため、日焼け後は低刺激な化粧品でしっかり保湿してあげましょう。

その他にも、ターンオーバーが乱れる原因はさまざま。

寝不足、ストレス、便秘、疲労、食生活の乱れ、無理なダイエットなどなど。

どれも一般的に健康にもよくないと言われていることばかり。
ということは、健康的な生活を心がければ、おのずと肌にとってもいいということになります。

ターンオーバーは、遅くても早くても美肌のためにはよくありません。

肌の水分が少ないと、本来剥がれるべき角質細胞が剥がれないとも言われているので、日々の保湿と健康的な生活を心がけましょう。

真皮とは ~若々しさは真皮次第~

肌断面イメージ図

真皮とは、表皮の基底層の下にある土台のようなもので、2mmほどの厚さがあります。

そして、主にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸で満たされています。

真皮を構成する主要な細胞は、繊維芽細胞というものです。
これがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくったり、分解することで、真皮の状態を制御しています。

これがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくったり、分解することで、真皮の状態を制御しています。

コラーゲンは、真皮の約70%を占め、皮膚に強度を与えています。

エラスチンは、真皮の数%を占め、コラーゲンのところどころを繋ぎ支えています。

ヒアルロン酸は、これらの隙間を埋めるゼリー状の物質で、真皮の構造を安定して保っているのです。

ちょっと豆知識

ヒアルロン酸は、1gで6Lも水分を保持することが可能と言われています

また、真皮では表皮と比較するとターンオーバーが遅く、数ヶ月から数年単位でも置き換われないほどと言われています。

真皮は肌のハリや弾力に関わる部分なので、できる限りダメージを与えないように気をつけましょう。

コラーゲンが減少したりダメージを受けると、弾力がなくなり肌を支えきれなくなります。
そうすると、シワができたり、たるみが生じることに。

紫外線は真皮にダメージを与えるので、日頃から日焼け止めをきちんと塗って、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

曇っていても、夏以外でも紫外線は降り注いでいるので、油断は禁物ですよ!

ちょっと豆知識

真皮への紫外線ダメージを防ぐためには、日焼け止めの「SPF」も大事だけど、「PA」にも注目しよう。

  • SPFとは、肌が赤くなってヒリヒリする日焼けを防御する目安。
    UV-Bに対して効果を発揮する。SPF1で約15~20分と言われている。

  • PAとは、真皮へのダメージを防御する目安。
    UV-Aに対して効果を発揮。「++++」が最高で、「極めて高い効果がある」という意味。

最後に

肌の基本知識、いかがでしたか?

「○○細胞が~」とか出てきたので少し難しかったかもしれませんね。
なので、最後に大事なポイントをおさらいしたいと思います。

細胞のこととかまるで触れてないですが、肌の基本を踏まえたポイントということで。

重要ポイントおさらい

  • 肌は、表皮、真皮、皮下組織と3層構造。特に美肌に関係するのは、表皮と真皮

  • 角層はとても薄い、やさしく扱って

  • 角層のセラミドが、肌の守護神!バリア機能で、うるおいも守って、異物の侵入も防ぐ!

  • 保湿が大事。特に日焼け後は肌が敏感!低刺激なもので保湿しよう

  • 正常なターンオーバーが美肌を保つ!乱れないよう、日々の保湿と健康的な生活を

  • 真皮のダメージは、見た目年齢に直結!日々の紫外線対策で若々しさをキープ

自己紹介
userimg
すず
通販化粧品が好きで、いろいろ試して自分のベストスキンケアを研究しています。

30代を迎えてから肌のザラつき、くすみ、肌荒れまでするように。
今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、肌の変化を実感。

「このままではいけない!」と試行錯誤の末ようやく安定しました。

「10年先も鏡を見て落ち込むのではなく、ちょっといいかも☆と思える自分でいたい!そして、そんな人を増やしたい」

そう思い今まで学んだことや実体験を活かして、肌のお手入れをしてこなかった、30代以降のスキンケア初心者の女性にむけて、肌の基本やおすすめの化粧品を発信していたいと思っています。

読んでくださる人が、今より少しでも自分の肌を好きになれるお手伝いができたら嬉しいです。
おすすめの記事